テレビCMオンライン運用の
プロフェッショナル

Group IMDは世界で最も早い時期からテレビCMのオンライン送稿を手掛け、
広告会社、制作会社、放送局、デジタルメディア等でやりとりされる広告素材やデータの
ワークフローを自動化するクラウドサービスのグローバルリーダーです。

テレビCM
オンライン運用とは

テレビCMオンライン運用とは、テレビCMをテレビ局へオンラインで送稿出来るCM素材運用の新しい仕組みです。広告・放送業界の各団体が関わり、基準や仕組みが決められ、そして2017年10月2日(月)より始まりました。*開始当初はオンライン受入可能なテレビ局は21局でした。そして、2020年12月までに全テレビ局オンライン受入可能になるように進んでいます。

よくあるご質問

IMDの
オンライン運用サービス
-IMD Cloud-

IMD Cloudは、テレビCM素材を搬入先のテレビ局の
サーバまで安全・安心にお届けするインターネットを通じたサービスです。
IMD Cloud、制作に携わる関係者各位(広告主、制作扱い広告会社、制作会社、ポスプロ)が
共有できるプラットフォームです。
制作物であるテレビCM素材は、クラウドサーバにアップロードされ、容量・期限の制限なしで保管されます。

安全・安心

グローバル100以上の地域でテレビCM・動画広告をオンラインで運用。圧倒的な実績に基づく、安全・安心のサービスをご提供します。

ワンストップサービス

オンライン運用、XDCAMプリント、海外メディアへの送稿、海外からの受入れ、字幕CMもワンストップで対応いたします。

オンラインアーカイブ

無料、無期限、無制限でアーカイブ機能をお使いいただけます。

IMD Cloudの強み

IMD Cloudは、テレビCM素材を搬入先のテレビ局の
サーバまで安全・安心にお届けするインターネットを通じたサービスです。

TOPICS

2020/09/24

「NEW MEDIA9月号」にTVCM素材のオンライン運用の最新状況の記事が掲載されました

詳細を見る

2018/08/23

オンライン運用で簡便になる「TVCMの字幕対応」で広告のリーチを拡大しCSRにも役立ちます。

詳細を見る

2018/08/16

自動パイロット:明日の最高のビデオ広告キャンペーンを作っている人は、今日新しい技術を擁しています

詳細を見る

2018/07/13

カンヌ・ライオンズ2018から見えた10の傾向

詳細を見る

よくあるご質問

導入に際して必要なものは?
インターネットに接続ができるPCがあれば機材としての前提条件はそろいます。システムを利用する各関係者のアカウントを登録すれば、使用可能となります。(Firefox/Google Chrome/Internet Explorer/Safari)をサポートしています。

ご利用に際しては、プラットフォーム利用基本契約(弊社と取引関係を結ぶ企業様間*との)の締結が必要となります。利用基本契約は、弊社がご用意する内容を元に締結を進めさせて頂きます。アカウントの登録に関しましては、企業アカウントとご担当者様の個人アカウントを弊社にて設定いたします。申し込みと同日に発行可能です。
*詳しくはご連絡ください:お問い合わせフォームもしくは、03-4546-1800まで

いつからオンライン運用に移行するべきなのか?
今すぐにでも移行することをお勧めします。
今後オンライン搬入の受入れ局が増加するにつれて、スムーズな移行が可能になるからです。現在、全放送局(岐阜放送を除く)にて、オンラインで搬入可能、またはXDCAMで搬入可能となっており、テレビCMをファイル化して運用できる環境です。
いくらで始められるのか?料金体制は?
初期費用は実質ゼロです。(Firefox/Google Chrome/Internet Explorer/Safari)搭載の、インターネットに接続可能なPCをご用意頂ければすぐにでも始められます。料金は搬入が行われてから搬入実施ベースで発生いたします。詳しくは、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
在局確認はどうなる?
各放送局毎の運用となりますが、各局のサーバにデータが残っている場合、再送稿は不要です。サーバから削除されている場合は再送稿となりますが、再度弊社からの搬入費としての費用はかかりません。

まずはご相談ください

内容についてお聞きになりたい場合やお申し込み、不明点やご質問につきましては
お名前、メールアドレス、ご連絡先等をご入力いただければ、担当者からご連絡を差し上げます。

お名前必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
会社名/団体名必須
ご要望・ご質問