Group IMD

新着情報Latest News

2018.07.11今年の広告の世界で何が「きている」のか?


私達は今年のカンヌ・ライオンズで、広告の世界におけるすばらしいこと、良いことについてインタビューしました。業界がどのように変化しているのか、広告に対するテックのインパクトについて、私たちは彼らにたずねました。‘今年の広告の世界で何が「きている」のか?

 

広告のレジェンドのJohn Hegarty氏

「世界食糧計画に関する国連とのワーク:「Share The Mealアプリ」をダウンロードし、空腹の子供が食べ物を食べられるようにする」

 

Sohonet のKen Rudman氏

「世界各地のストーリーテラーと協力して、彼らが行うことを助ける… 20年以上にわたって映画やテレビ業界でやってきたことです」

 

Zentrick のCEOであるPieter Mees氏& CTOであるFrederick Neu氏

「革新はスピーディに起こっており、人々はキャッチアップしようと試みています…彼らは今、次の革新の波のために準備ができています。それは業界に大きな影響を与えることでしょう」

 

VideoAmpのマーケティングディレクターであるCorey Norris氏

「今日のデータへのアクセスは信じられないほど効率的にターゲティングでます。誰も悪い広告を見たいとは思わないよね?」

 

GlassworksプロダクションズのExecutiveプロデューサーであるフィービー氏&プロダクションアシスタントのフィオナ氏

「私たちは不意に適合するようなVR向けのコンテンツを多く作ってきたので、それは全く新しいものでした。」

 

Glispa のクリエイティブディレクターであるChristian Schorm氏

「私はクリエイティブサイドから来ていますが、再生可能な広告とインタラクティブな広告によって、私たちは変化を起こし、人々のアテンションを得て、それをキープすることができると感じています。デザイナーとして、多くのデータを入手して有意義なデザインと意味のあるコンテンツを作成することは素晴らしいことです」

新着情報一覧に戻る